えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-07-23 17:05:54.0 <白鵬関を見て国民は何を感じますか?>

 

 白鵬の1047勝目の相撲を見て、前日の負けた相撲から想像も出来ない激しい気迫の籠った堂々の「前に、前に」出る基本通りの安定感の中に、一瞬の隙の無い厳しい攻める相撲内容でした。 

 私は子供の頃から相撲が大好きで相撲が毎日見られると言う事で、白鵬関と同じく横綱吉葉山が親方でした宮城野部屋で8年間を過ごした経験がありますが、とにかく「勝負に勝つ」その為に何をどう努力すれば良いのか、強い人間と弱い人間とではどこが違うのかを見て来た事がその後の人生の中で大変役に立っています。又本物でなければ本当の結果が出せないのだ、と言う事もわかりました。 

 勝負に勝たねばならないのはスポーツだけではありません。仕事も同じです。選挙も都市間競争も国対国の外交も、不正や地位利用の権力との闘争も勝負の世界です。勝負の世界は「神頼み」は通用しません。神様・仏様を信ずる心は良いでしょうが、それ以上に己の精神力と肉体を鍛え上げる稽古以外に何もありません。いくら横綱、大関でも気の弛み、又たるみ、慢心や倣慢になれば立ちどころに弱くなり、結果的に大病や大怪我で期待されながら結果を出せず消えていった力士を沢山見てきました。政治家もタレントも同じです。常に精神の霊性を高める為に率直な人間性が大事です。

 

 親の七光りも学歴も財産なども一切関係無く、毎日の暮らしの中にあっても神にも仏にも甘えず、「己に勝つ」この強い信念だけが本物の人間を育てるのだと思います。相撲を通して強い人間、本物の人間とは何かを感じて下さい。

 

 大鵬も白鵬も入門時は体重が僅か60k足らずのヒョロヒョロの痩せた一少年だったのです。その後の当人の努力、血の滲む汗と涙があの成績と地位を手にしたのです。そして礼儀正しく周りの人達に温かく優しい人柄です。そこの所が立派で本物なのです。

 

 本物は霊気があり輝くオーラがあります。「国宝山鳥毛」もそうだと思います。魂を込めて仕上げた刃師の銘刀を早く見たいですね。政治の世界に本物が少なくなって残念です。 

 

2017-07-18 22:46:06.0 内閣支持率が高ければ国民は幸せなのか?

 すべての失敗、敗北は気のゆるみ、たるみから起きる。巨人軍の弱さは春のキャンプから始まり、東京都議会議員選挙の敗北は、自由民主党の指導的立場にある安倍総理、菅官房長官、麻生副総理、稲田防相、金田法相など、国会の答弁を聞く限り、また、記者会見のインタビューの発言内容に、強い責任感と政治家としての知識や気迫、オーラが感じられず、国民から見て、頼りにならない、この人で良いのかと思う様な、政治家としての政治の香りもしない人を閣僚とした組織人事を行った、安倍首相の人物を見抜く目にゆるみ、たるみがあったと思います。

 戦いは組織の人間の適材適所の配置で99%勝敗が決まります。謙信公は命を懸けた戦場で、何千、何万の人間を動かし、負け知らずの武将でしたが、人材の配置と、将兵から足軽に至るまでの統制が取れていたからです。田中角栄先生においても、身の廻りや後援会、越山会の統制の取れていた強い軍団が、田中先生を総理大臣まで引き上げたのだと思います。

 とにかく、戦に強い組織の継続が、その国の繁栄にも繋がります。私は、保守主義者で すので、日本人が持っていた伝統の中のリーダーたる者とその組織を考えますと、厳格な中から育ち、傲り傲慢を一切感じられない、謙虚で心が広く、誰にでも差別をしない、温かい考えを中心に物が見られるリーダーと組織が、日本の永い歴史の中で結果を出していると思います。

 経済界では、残念ながら、東京電力、東芝、シャープ電機、北海道拓殖銀行、山一證券、安宅興産など一流企業の衰退は、気の弛み、傲慢なトップの考えからの人事の失敗です。

 私達のこの上越地域の都市間競争の勝負を決めるのは、常に勝てる人材を生み育てる事、住民も勝とうとする意識を持つ事、厳しさをあえて求めること、常に反省し謙虚なこと、やると決めたら結束する事、そして自分だけの金や物を求めない事、公私のけじめの美学を持ったリーダーを評価する事です。そして、良かったら、少しは廻りも誉めてやる余裕も大事です。

 安倍総理をけなすことも大事なのでしょうが、誰が次の総理になるか分からないのに、ただ批判するだけのマスコミの権力で、この国は必ず良くなるのでしょうか。それはあまりにも無責任です。世論をつくり、動かすのは、いったい誰なのでしょうか。

 

2017-07-16 16:28:59.0 <民主化と言う波の悲劇>

 

  中国の民主化運動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が61歳の若さで死去のニュースが報道されました。 

 一人で国家権力と戦い続けられた平和主義者で、己の命を懸けて人権と自由を叫び訴え行動した事が評価をされノーベル平和賞を受賞された人物でありました。 

 一党独裁の左翼国家(中国及び北朝鮮)では言論、出版、信仰、集会、結社、移動、ストライキ、デモ等の自由を求めたり、時の政治的権力を批判すれば「政権転覆扇動罪」と言う罪の犯罪者として懲役や、北朝鮮ならば即刻「公開処刑」といった死罪になります。 

 現在のアメリカや日本、ヨーロッパの自由主義体制の国にあてはめれば、野党やマスコミ関係者とその機関のトップは全て「犯罪者」になってしまうと思います。それ程時の権力者にモノを申す、批判をする事は恐ろしい事であり、全てを失う事にもなります。

 

 私も以前この街の一番の権力者に対し間違った事に対しては正面から批判をし、その権力者と裁判まで起こしました。政治闘争を当時の3人の市会議員、そして明るく公平な市政を求める勇気あった市民の方々とで上越市の民主化を求めた闘いを8年間の長きに渡り行い、選挙と言う「民主主義の法」の下で最終的には民主化を訴えた住民の勝利となりました。

 

 その時闘った仲間は今では誰もいなくなりましたが、闘争中は同じ選挙区から対立候補を出されたり、色々な面で迫害も受けました。「正義と正論」を貫く政治の世界は端から見ている程楽なものではありません。毎日緊張の連続で一歩間違えれば法律に抵触したり、ペンや言論の自由という権力に威される事もありえる日々でした。 

 それでも世の中の不義、不条理と闘うのが政治に関わる者の使命です。自由すぎてもいけません。言論も無責任すぎてはやりすぎです。只一党独裁だけは許せません。私は大嫌いですので現状の日本の自由はぜがひでも守りたいと思っています。表現の自由・結社の自由。政治活動の自由万歳!